侵入経路を考える

作業員

突然、自宅の天井に大きなシミがあることに驚く人もいるでしょう。これは雨漏りです。新築であれば可能性は低いですが、古い住宅であれば可能性は十分にあります。新築でそのような現場に出くわした場合は、手抜き工事かもしれませんので不動産会社に問い合わせましょう。実際に、新築に住んでいる人のクレームでは雨漏りが最も多いようです。古い住宅に住んでいると、どうしても様々な部分の劣化に気付いてしまうものです。この大きなシミは、雨漏りをする事で現れます。屋根に隙間が出来てそこから雨水が入り込み、天井に染み出して壁や床を濡らしているのでしょう。また、屋根だけでなく、屋上やベランダからの侵入も考えられます。大雨や台風が来た時の屋上やベランダは大惨事となるので、はやめの対策が重要となります。考えられる侵入経路を推理し、理解しておくと後々スムーズに事が運ぶかもしれません。

雨漏りを避ける為には、業者に依頼して防水工事をしてもらう必要があります。様々な原因が考えられるので、素人が原因を決め付けるのは良くありませんし、工事を行うのも難しいです。防水工事に関する多くの実績を残している業者なら安心であり、きっと満足の仕上がりが期待できるでしょう。実際に雨漏りが起こってから依頼すると遅いかもしれないので、応急処置は自分で行うようにします。大雨や台風が迫っている場合、バケツの準備をしておくと安心です。突然のトラブル発生にも迅速に対応してくれる業者なので、すぐに駆けつけてきてくれるはずです。それまでは自分で何とか食い止めましょう。

Copyright© 2016 ポタポタ滴る雨漏りにサヨナラ|適切な処置法を伝授 All Rights Reserved.